翻訳ブログ

山口県の翻訳・DTP会社チヨマキ・ワードのCHIYOKOです。

先週は、久しぶりにIreland在住の英語ネイティブスタッフと一緒の案件に携わった。彼は日本に5年くらい住んでいたことがあるし、頭もキレる。ただ、日本語は殆どできない(こういう人実は多い(笑))。

しかし、彼は文章の推敲がめちゃくちゃできる。ひと昔前のネイティブチェックって言われる作業とは一線を画しており、彼がやるのは英文の推敲なのだ。日本語原稿の介入がない分、朱記については慎重で、「ここは、多分~ってことを言いたいんだよね」とか「XXXなら、YYYに変更した方がいいよ」とか修正にあたってのメモみたいなこともちょいちょい入れてくれる。日本語のロジックと英語のロジックが違うってのはよく言われること。案件にもよるのだが、彼みたいな人に推敲してもらうと仕上がりのキレがいいんだよね(←「キレ」についての詳細は突っ込まないで欲しい(苦笑))。一緒に作業している私もかなり勉強になる。うちの受注案件の性質上、正直彼の出番は多くないけど、彼の仕事がAIに取って代わられることはないだろう。誇るべき人間にしかできない仕事だ(笑)。

ただ、私の好みの仕上がりなんでしょって言わないでぇ~。

お問い合わせ
Pagetop