翻訳ブログ

山口県の翻訳・DTP会社チヨマキ・ワードのCHIYOKOです。

10年前と比べて最近は動画コンテンツ関連の翻訳を依頼されることが多くなった(動画だけでなく、パワーポイントのテキスト箇所にナレーション翻訳を入れる案件も多い)。ターゲット言語への翻訳後は、その原稿は字幕として使用されたり、人や機械によって実際に音声化されたりと用途は多岐にわたる(チヨマキでは翻訳まで実施)。

内容も、観光関連の動画に始まって、製品の取扱いや社内教育等に使用される動画など通常の翻訳案件と同様にソフトからハードまで様々だ。

ご発注頂いた場合、通常の翻訳案件と同様にターゲット言語のネイティブ翻訳者にアサインするのだが、チヨマキでは特にナレーション翻訳が得意な翻訳者にアサインしている。口語調ということもあり訳出後の文字数/word数が増えることも多い。字幕で使用される場合は文字数制限がある場合もある。実際の動画を確認して画面が切り替わるタイミングなども考慮しながら、なお且つできるだけ分かりやすい表現で仕上げてくれる翻訳者/チェッカーが求められる。

実は動画コンテンツには今までプロの翻訳者によって翻訳されてこなかったテキストも数多く存在しているという。今後、動画コンテンツがより一層身近なものになっていく中で、機械翻訳が身近で利用できるようになってきたからこそ、人間が丁寧に仕上げる翻訳へのニーズが高まることが予測される。ソース言語と違わないくらいスムースに頭に入ってくる高いレベルのターゲット言語翻訳を目指したいところだ。

お問い合わせ
Pagetop