翻訳ブログ

山口県の翻訳・DTP会社チヨマキ・ワードのCHIYOKOです。

原稿に不明箇所があるのは、翻訳あるあるだ。今はインターネットがあるので、探せばいろいろな情報が容易に手に入るから、図書館とかに行く必要もない。それでもわからないときは、その分野に詳しい人を知ってたりすると、秘密保持に抵触しないように注意して直接質問したりもする。

そんなこんなで調べるを繰り返すと、最初は見えなかったものも見えてくるようになり、数日後の(私の場合)朝イチで原稿を読むとスーッと内容が理解できたりする。

できるだけ、お客様の手を煩わせないように、できることは自分でやるのが翻訳者の責任だと思う。エージェントの立場で言えば、「すぐ聞いてくる姿勢」は苦手だ。もちろん、どうしても分からないときは、最終的には質問することになる。

調べられる時代だからこそ、人に尋ねるのって結構勇気がいる。納期との相談にもなるが、調べるのは嫌いじゃない。

お問い合わせ
Pagetop