翻訳ブログ

2020年2月の記事

山口県の翻訳・DTP会社チヨマキ・ワードのCHIYOKOです。

ここ数日、ほぼ10年くらい前の作業フローをテスト中だ。ただ、つい最近まで「溜め込んでた資料」をほとんど断捨離してしまったので、本来なら役に立っていたことが予想される資料がない・・・ネット検索でもある程度の情報は引っかかってくるが、やはり「あの資料」(捨てちゃった)が欲しい。

全体のフローはなんとか再現できたものの、細かい作業ポイントがいろいろあったのを記憶している。しかもこの作業ポイントが「かなりキモ」だったようなモヤモヤっとして記憶もある。

思い出せないから、このまま突き進むしかない(←嫌だなぁ)。

最近はずっと機械翻訳に関する記事を中心に読みあさっていたので、まさかこのタイミングで自分が10年も後戻りするなんて予想もしていなかった。

この作業ができるからって、『できます!! CHIYOMAKIならそれできます!!』ってアピールが直接売上アップに繋がるのかどうか、これを自慢していいものかどうかも分からない。ただ長くやってるとこういうのも時々ある。『新しいことも古いことも両方できますよ』って、あらゆるオプションを提案できることには間違いない。

お問い合わせ
Pagetop